忍者ブログ

頻尿の悩み

神経性頻尿、夜間頻尿、妊婦頻尿、子供頻尿など症状や原因もさまざまな頻尿の悩みを解決するブログです。

スポンサードリンク


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

溢流性尿失禁の症状と原因

尿失禁には大きく分類すると、「腹圧性尿失禁」「切迫性尿失禁」

「溢流性(いつりゅうせい)尿失禁」「機能性尿失禁」の4つに分かれます。



その中の「溢流性(いつりゅうせい)尿失禁」の溢流とは

「あふれ流れること」を意味しますが、症状はその名のとおり、

パンパンにふくれた膀胱からまるでコップから水が溢れるように

尿が漏れる尿が溢れ出すため、溢流性尿失禁と呼ばれています。



溢流性尿失禁は、原因となる膀胱や尿道などに尿が出にくくなる病気、

排尿障害があります。



排尿障害になる方は男女で比較すると、前立腺に関わる病気が

男性の患者さんに多いことから、溢流性尿失禁の患者さんも

男性が多くなっています。



排尿障害になる疾患としては、前立腺肥大症、前立腺がん、

尿道狭窄(にょうどうきょうさく)などの尿道の抵抗が増して

引きおこされるもの、糖尿病のように膀胱の収縮不全により

引きおこされるものがあります。



また、脊髄損傷や骨盤内の手術を受けた人にも見られるようです。



このように溢流性尿失禁は、排尿困難が著しく尿が出にくく、

残った尿がじわじわ漏れだしてしまいます。



この残尿のために溢流性尿失禁が起きるので、

残尿を減らせれば尿失禁も治るということになります。



ですから、溢流性尿失禁の治療は、前立腺肥大症などの

尿が出にくくなっている原因の疾患そのものの治療が必要

になりますが、1日に3回~6回程度、定期的に柔らかい

カテーテルという管を尿道から膀胱に入れて、

その都度残尿を取り除く方法で、残尿をなくす処置法もあります。
 

PR

No.13|過活動膀胱・尿漏れComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :