忍者ブログ

頻尿の悩み

神経性頻尿、夜間頻尿、妊婦頻尿、子供頻尿など症状や原因もさまざまな頻尿の悩みを解決するブログです。

スポンサードリンク


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

夜間頻尿の症状と原因

夜間頻尿は、本来必要な睡眠が阻害されるため、

肉体的にも精神的にもダメージがあります。


夜間頻尿は高齢者に多くみられますが、

夜間のトイレに起きることが2回を超えると

不眠症になってしまうなどの問題も生じてしまいます。
 

本来睡眠中は昼間に比べて尿が濃い状態になるので、

日中に比べるとあまり尿意を感じないように体がコントロール

してくれています。


ですから不眠症になると、本来睡眠をとっているはずの夜間でも

脳が活動していいるので、よりトイレに行きたくなるケースが

増えてしまうのです。


また、不眠症になってしまうと昼間の生活自体も満足のいくものに

ならなくなる恐れもあり、夜間頻尿は単にトイレの回数が

増えて困るというだけではなくなります。


また、高齢者が夜間に何度もトイレに行くことは、

誤って転倒しケガをしてしまうような危険も高くなります。
 

また腎臓の機能障害や、抗利尿ホルモンの低下、

うっ血性心不全、前立腺肥大症などの病気や、

他の病気の治療で服用している薬の利尿作用という場合もあります。
 

病気による夜間頻尿以外にも、水分の取りすぎによる頻尿

という可能性もあります。
 

前立腺肥大症なども夜間頻尿の要因になりますが、

このような病気などの自覚症状がなく、体の問題がない場合などは

日中に水分を取り過ぎていないかをチェックする必要もあるでしょう。


それには排尿日誌というものとつけ、1日の水分の摂取量と

排尿量を毎回記録していくことにより、自分の頻尿の傾向が

わかる場合があります。
 

いずれにせよ、病状が深刻なものにならないうちに、

専門医の診察を受けるなどして、しっかりと原因を探る必要があります。


 

PR

No.6|夜間頻尿Comment(0)Trackback(0)