忍者ブログ

頻尿の悩み

神経性頻尿、夜間頻尿、妊婦頻尿、子供頻尿など症状や原因もさまざまな頻尿の悩みを解決するブログです。

スポンサードリンク


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

腹圧性失禁の対処法「骨盤底筋体操」

腹圧性失禁は、咳やくしゃみをしたりしたり、軽い運動や重い荷物を持った時に、

尿が漏れてしまいます。



原因としては、骨盤底筋群という骨盤の底に広がる筋肉が弱くなってしまった

ことにより、ちょっとした圧力で膀胱の出口が開いてしまうために尿漏れが

起こるというものです。



腹圧性尿失禁は出産などでおこることもあり、運動不足や肥満なども原因として

あげられます。

 

このような腹圧性失禁の対処方法には、「骨盤底筋体操」というものがあります。



これは「肛門周りの筋肉を5秒間しめたり、ゆるめたりする」ことを繰り返し

おこなう体操です。

 

この体操を行う姿勢は1つではなく、①仰向けに寝た姿勢 ②椅子に座った姿勢 

③机に手をついて立った姿勢 ④よつんばい姿勢 などで行います。

 

肛門の周りの筋肉をしめるときは5秒間強く締め、その後、ゆっくり力を抜いて

ゆるめていきます。



そして、この動作を20回ずつ繰り返します。



理想的なのは、毎日、朝・昼・夕・就寝前の4回に分けて行うことですが、

継続できなくては意味がありませんから、毎日自分が続けられるペースで行い、

最低でも3ヶ月は続けるようにしましょう。



続けられるようになってから、少しづつ回数を増やしていくという考え方をすると、

比較的うまくいく場合もありますよ。



早い人では、2~3週間で効果が見られるようになるケースもあります。



ただ、いずれにせよ腹圧性失禁なのかどうかを、病院でチェックして

もらうのが良いでしょう。
 

 

 

PR

No.17|過活動膀胱・尿漏れComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :